2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« バスに乗る・後編 | トップページ | ニッポン! チャ・チャ・チャ! »

2015年8月14日 (金)

おばちゃん対おばちゃん

ご無沙汰しました。
多分、このブログを始めてから一番のご無沙汰やったんちゃうかと思われます。

ブログを書き始めて10年を超えたと思うけど、こんなに長く書かへんかったなんて…
反省してます。

理由をいろいろと挙げるのは言い訳がましいからやめとくわ。
・・・ほんまは単に怠慢やっただけやでぇ~
元気に日々、遊んでたんやでぇ~

今年のビエンチャンは異常気象やと思うわ。
暑いねん。
例年、4月5月が一番暑くて、連日37℃とか39℃とか、もう人やったら完全に発熱で学校もお休みせなあかんような気温が続くねん。ま、2~3か月ほど。
それが今年は7月に入っても暑くて、暑くて…。
ほんま、暑かったわ。
やっと7月終盤に雨が降り始めて、雨季へと移行。
それでも今日も暑い。

暑くても主たる移動手段は自転車の私。
今日も朝からピューっと目的地まで行き、午前中に用事を3つ済ませて帰宅。
今日の用事はおもしろかったわ。

まずは旅行社で大金のお支払。
飛行機のチケットを買いましてん。
いつもはさ、飛行機のチケットなんてネットで買うんやけど、なぜか私のクレジットカードがはじかれるという悲しい事実。
そら、無職のおばちゃんやけど、カードが落ちる口座は働いてるつれあいの口座やで!
一番おいしいパターンのカードやねんで!
なんであかんのんっ!

どないもこないも、受け付けてもらわれへんかったのであきらめて旅行社にチケットの手配を依頼。
予約発券までの時間が短く、今日の午前中に払わなあかんかって、めったに持たない大金を持ってチャリで走りましたわ。

最近、自転車でひったくりに遭う外国人が多いねん。
バッグを斜め掛けにしててひったくられるというのは前々から聞いててんけど、リュックもあかんようになってきたらしいわ。
もう、何も持ってないのが一番!
取られても悔いの残らない、少額のお金と取られてもまったく困らない、古い携帯と、取られたら心残りやけど持ってないと不安な雨用ポンチョだけをリュックに入れて激走やで。
いや、のんびり走ってんで。

20150814_007
最近のお気に入りリュックはこちら。
確か、カトゥ族の織物。
何がお気に入りかって、真ん中の白いところ。
ビーズが織りこんでありますねん。

20150814_008

トーホーさんのビーズのように粒がそろっている素敵なビーズちゃうんやけど、ビーズが織りこまれてるんがかわいい。
お友達がこの手の布でバッグを作ってはったけど、ミシンで縫うんに苦労しはったんやて~。
苦労をしたない私は購入(笑)
でも、紐があまりにもみすぼらしかったので、日本でこれに合うような紐を買ってきて付け替えましてん。
暑い時期、デイパックの分厚い肩紐は汗かくんよね~。
細くて強い日本の紐、最高!
無事、大金を持ってても襲われることもなく目的の旅行社でお支払いを済ませ、帰りに久しぶりにタラート・サオへ。


タラート・サオ!


その昔はビエンチャンで一番、いや、ラオスで一番大きな市場だったようで、なんでも揃うタラート(市場)・サオ(朝)やってんけどね、今や大きなモールもでき(ただし、お店はあまり入ってない)、電気屋さんなんかは他に路面店もできたりしてるので、昔ほどは流行ってない模様。

でも、今も地方の人は家電なんかをタラート・サオで買い、お客さんには「あ、これ? ビエンチャンのタラート・サオで買ったんよ~!」って自慢するらしいわ(ラオ語の先生談)。
ラオスの銀座…ですかね。

そのタラート・サオ。
行くと必ず寄るお店が3つおまんねんわ。

まずはTシャツ屋。


去年、一時帰国の時に大量購入して、大型値下げ交渉を成功させて以来、ここのおばちゃんは私を覚えてます。
今日もちらっと見に行きました。
新しい柄があるかどうかを確認。
でも最近はここで買わへんねんなぁ。
私のお気に入りTシャツショップは郵便局やねん。
郵便局のお土産物コーナー、Tシャツが安い! お土産も安い!
でも、種類が少ない・・・
今日もTシャツ屋のおばちゃんと
「長く見なかったねぇ。こんな柄、どう?」
「う~ん、ええわ…」
ってな会話をしてさいなら~。
今日はおばちゃんの顔を見ただけ。
相変わらず、ご飯食べてたわ(よう食べてはんねん)。
次の店。

アンティークの布屋さん。
奥の方にあったのがちょっと移動して、こじんまりになってんけど、アンティークだけをまとめてくれたので見やすい。
ここではいつもなんかないかな~と物色するんが楽しみ。

で、本日の戦利品。
20150814_004

ヤオ(ミエン)族の刺しゅうを施した布。
ここのかわいいママに聞くと、どうやら頭に巻く布らしい。
3.5メートルぐらいありそう。

この刺しゅう。上の段が表で、下の段が裏なんです。
表裏一緒!

拡大してみましょう。
20150814_005

真ん中あたりのオレンジ色のラインを挟んで、表と裏。
クロスステッチ(X)というより、プラスステッチ(+)?
どこにも玉留めもないし、表裏が使えるとても素敵な刺しゅうやねん。
ルアンパバンへ旅行した時に新しいものを1枚買ったんやけど、それは多分、お土産用に作られたもの。
こちらはほんまに頭に巻いてはったんやろうと思われる布。
値切りまして、買いました(笑)

この刺しゅうの布を買ったのがもう1軒のおばちゃんとの攻防を生むのよねぇ。


さ、最後の1軒。

こちらは去年の4月ごろから行くようになったお店。
ま、普通のお土産屋さんやねんけど、値切り交渉をしてたらおばちゃんが
「あんた、私がこれ作るんに5日もかかるんやで!」
ってなことを言うて、『えっ、おばちゃん、自分でも作るん?』と思ってから信頼できる店になったところ。

まぁ、行くたびにいろいろと話をするんやけどさ、ここのおばちゃんとこで仕入をする日本人がかなり多いらしく、今日も刺繍のポーチを指さして
「これ、日本人好きやろ? この間、300個買った人いてたで!」
「これもその日本人が200個買ったで!」
と、次々に出てくる。
いや、私、そんないらんし…。店、持ってへんし。

ラオスのお土産物って、外側は美しくできてても、内袋ががばがばやったり、ファスナー付けが悲惨やったり、ファスナーそのものが悲しかったり…と、いろんな難点があるんやけどさ、このおばちゃんとこは優秀。
そしておばちゃんがいろいろと考える人で、刺繍の柄合わせもきちんとしてる。
内袋にポケットもつけたり…と、日本人に好まれる作り方やねん。
よう研究もしてはんねん。

で、今日もポーチを買おうと思い、値下げ交渉をして、ほな、その値段で10個ね…って選んで、ふと気づく!
あ…
さっき、アンティークを買ったんや。
お金……ない。


おばちゃんに正直に告白。

「ごめん、10個買われへんわ。お金ないわ。負けて!」
「お金がない~? そんなこと、あるかいな、あんた、日本人やろ…。ようさん持ってんがな!」
「いや、ほんまにないねん。ほら、見て。こんだけしかない。」
財布を見せる。
「ほんまや。ほな、こんだけしか買われへんな。」
「いや、負けてくれたら買える。負けて。」
「あかん。これ以上、負けられへん。こんだけにしとき。」
私が選んだポーチを引き上げるおばちゃん。

「あかん、それも買われへん。お金ないやん。そこまでお金使ったらお昼ご飯食べられへんやん。」
「今日はお昼食べんとき。水飲んどき。そしたら買える。」


結局、おばちゃんはそこからまったく負けてくれず(すでにかなり値切っててんけどね)、今日は私が負け~!
で、お昼ご飯を食べる分のお金を残して帰ろうとして…思い出してん。

そうや!
買わなあかんもんがあって来たのに、それを買い忘れた!

再度おばちゃんとこでもう一つお買い物。
あぁ、残っていたお札が出ていく~!
もう、オシャレなランチは食べられへん…

「今日はもう、水やな。ご飯食べんと、水飲んどき。え、まだ10000キープはあるん?
ほな、うどんは食べられるで。でも大盛りはあかんで、ハハハ~」

おばちゃんの声がこだましますわ。

本当は生春巻きを買って帰ろうと思っててん。
でも大盛りしかなくて、聞いたら25000キープもする。
私の財布には12000キープしかない。
他のもんを聞くと、10000で買えるものもあり、そちらをお昼ご飯として購入。

20150814_002
名前、聞いたけど忘れました。
「ほんのり甘いんやで、この唐辛子をかじって一緒に食べるんやで~、おいしいで~」
という、店のおばちゃんのことば通り、美味しかったわ。
だんごの下にミントも隠れてて、葉っぱもミントも全部食べた。
唐辛子は無理。

帰宅してお財布を確認。
中身はこんだけ。

20150814_009

2000キープ。日本円にして30円。
300㏄の水が1本。もしくは焼きバナナが2本。あるいは五平餅みたいなんが2個買える。
こんなさびしいお財布で帰ってきたなんて、小学生以来やで。


あぁ、それにしても…
おばちゃんとおばちゃんの戦いは笑えるわ。

そういえばお土産物屋さんのおばちゃんが
「電卓がおかしなってもたんや…。これ、日本の電卓やろ、あんた直して!」
って、言われた。

無理。

« バスに乗る・後編 | トップページ | ニッポン! チャ・チャ・チャ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

笑った、、、
さつきちゃん、電卓くらいなおしちゃり!
さすが、ビエンチャン、日本よりあるいんかぃな、、、。
頑張って生き抜いて!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1964771/61172030

この記事へのトラックバック一覧です: おばちゃん対おばちゃん:

« バスに乗る・後編 | トップページ | ニッポン! チャ・チャ・チャ! »