2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« バスに乗る・前編 | トップページ | おばちゃん対おばちゃん »

2015年6月12日 (金)

バスに乗る・後編

さて、続き。

私としては何も前編後編に分けるつもりはなかってん。
でもさ、ココログさんがあかん…って。
写真が多かったらしいわ。

その写真を一挙公開。
(というほど、大した写真はおまへんで)

バスを降りたSちゃん、M師匠、私の3人が向かったのは不思議タラート。
タラートの名前をちゃんと聞いてカタカナで書いてんけど、それはまた行くであろう、Sちゃんに渡したので忘れてもた。
あかんね、覚えられへん。
覚えられへんから紙に書くんやけど、書いても覚えられへん。

時々、書いたことすら覚えてへん。

このタラート、何度かつれあいと来たことはあんねんけど、奥の方まで入ったことはなかってん。
普通のタラート。野菜、肉、いろんな食材。
はい、その食材ですな。
いくつか写真に収めてきたのでご紹介しましょう。

2_1_2

こちら、元気のいい、Lサイズのタガメ。
揚げて食べるんかなぁ。
串刺しもあったと思うわ。
世界は昆虫食へと進む時代。
これはかなりの大型やから今のうちに食べとかな、そのうちトロみたいになって食べられへんようになるかも。
3_1_3

はい、これは良く見かける種類のカエルさん。
もちろん、食材でっせ。

4_1_3

今回、初めて見たタイプの…カエルさん。
最初、なんかわからんかってん。
こんなぷくぷくのカエルって見たことある~?
Sちゃんいわく、
「お針子ちゃんが作る、わらび餅みたい~!」
確かに。
おがくずがまるできなこみたいやん。

1_2_2


おがくずをまぶす前のカエルさん。
やっぱりぷくぷくやん。
なんなん、このカエルさん~?
きっと食材です。

あとはね、生きたトッケイやとかげ。
日干しのネズミ。おそらく、日干しのこうもり。
サイの角のような部分だけも売ってたけど、サイやったらえらいこっちゃ。
おばちゃんは水牛って言うたと思う。

食材とは思えない生き物もいました。

3_2_2

立派な尾っぽのハト!
顔はハト。
でも多分、尾っぽと気持ちはクジャクやで。

ひよこもあひるの子も、うさぎもニワトリもいました。
ニワトリなんて、生きて元気そうなんから、羽根をむしり取られてまな板へ上がる直前の姿のまでいました。

あぁ、生きていくってこういうことやねぇ。
いろんな命を頂戴してまんねんで、我々。

不思議タラートをじっくり見て、もう満腹感でいっぱいだったので、帰路に。
バス停はないんで、よその店の軒先で日よけをしながらいつ来るのかわからないバスを待つ。

…と、そこに、ソンテオ登場!

ソンテオはね、トラックの荷台に屋根をつけて、荷台の両脇に座席を作った簡易バスです。
ソンテオのソンは2の意味。テオは列。
要するに、2列の座席がある車~!
今回のバス旅行の目的はソンテオに乗ること…っていうんもあったんよね。

でも、ソンテオはぎゅうぎゅう。
あかんわ、見送ろか…と、気弱な我々が話してると運転手さんが登場。
「ちょっと詰めて! ここ、空けて!」
っと、あっという間に人をさばき、座席の下から小さい椅子(お風呂場の椅子のような)を3つ出してきて、荷台のど真ん中に設置してくれてん。
ここか、我々の席は…。

座る。
持つところがなくて、結構スリリングですわ、トラックの荷台(笑)

行きの元・都バスと違い、エアコンどころか、窓もない。いや、壁もない。
風を切って走るから暑くはないんやけど、土埃と排気ガスがすごいね。
みんな、タオルやスカーフで鼻と口を押えてますわ。

そして無事に出発点のタラート・サオまで戻りました。
M師匠、おおきに。

行きの元・都バス、5000キープ。
帰りのソンテオ、5000キープ。
どっちも楽しいでぇ!
どっちに乗りたい?
乗りに来てね。

« バスに乗る・前編 | トップページ | おばちゃん対おばちゃん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1964771/60342956

この記事へのトラックバック一覧です: バスに乗る・後編:

« バスに乗る・前編 | トップページ | おばちゃん対おばちゃん »