2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

2017年3月30日 (木)

もうすぐ新年

長くご無沙汰しておりました。

今日のブログのタイトル、前回のアップに続き時期的にばっちり…なのは、ここラオスとタイぐらいやろか。
もうすぐラオスのお正月です。
暑くなってきたで~!
今年のお正月休みはいつもよりちょっと長い。
4月13日~17日までやて。
そんだけ休みにするわ~って発表になったのがつい先週のこと。
ちょっと前に国内旅行の予定を立ててチケットを取ったんやけど、な~んや、もっと伸ばせたやん…って感じ。
ま、それでもラオスのお正月(ピーマイといいます)に旅行するのは初めてなので、うれしい。
そしてこのお正月がラオスで体験する最後のお正月。

はい、今年は帰国しまっせ!

で、前回のブログアップしてから何があったか…というと、まぁ、いろいろとございました。
お正月早々、友人とバンコクで楽しむ。いやぁ、楽しかったわ。ほんまに楽しかった。
むっちゃいいリフレッシュになりました。
1月は毎年恒例、つれあい母がラオスでエンジョイ。
今回は象に乗っていただきました。
2月にはコンサートがありましてね。
出演する側やで。
コーラスグループとして歌わせていただきました。
もう高校生の部活並みの練習をしたわ。
自主練までしたわ。

そして気づけば3月。

3月はいろんなことがある月やってね~。
仲良くしてもろてた若人がビエンチャンから旅立つ月であり、応援する気持ちと当分一緒に遊べなくなるなぁという寂しい気持ちが入り混じったちょっと切ない月。
でも、その若人と昨年12月のマラソン大会を終えてから目標にしていたもう一つの大会がある月でもあり、走らなあかん。
早々に10.5キロに出ると宣言してまして。
若人が一番早く、そして初老の私が2番目に登録してん。
で、それを聞いていた中年(一番体力も気力もある)がなかなか登録しぃひんかってんけど…
「出ます! 登録してきました! 21キロ走ります!」
と高らかに宣言!

いやぁ、やるなぁ…
21キロなんて遠い、遠い。もう未知の世界やん。
コースを聞いたら果てしなく遠いやん。
10.5キロかてむっちゃ遠いのに。
つれあいにコースを説明したら
「僕は車で走るわ」
っていうたのに。そこを走るんやで~、私たち。
そして中年は若人と初老がスタートしてゴールしてからまたもう1回走る…ってことやねんで、理論的には。
もう、考えられへん。

ま、そんなこんなでそれぞれに練習しましてね。
最初に故障したのは予定通り、初老。
年末に合宿みたいなことをしてんけど(暇か、我々は…)、その時に歩くのも辛いほどの足の痛み。足の甲ね。
で、大晦日に病院へ。

犬にかまれた時にお世話になった台湾人ドクターが
「もう僕たちは若くないんだ…。これはオーバーエクササイズだな…。」
と。
ドクターはサッカーをやっているらしく、診察室前の廊下で準備運動を指導してくれました。
足、痛いねん。一緒にやるんかい、私も…。
お正月にバンコクで会った友人に日本から機能性タイツを持ってきてもろて、膝はなんとかなるのになぁ。足の甲か…。
走りたいのをぐっとこらえる1月。
走る距離を延ばす若人と中年。焦る初老。

でも、時間が経てばケガなんてなんとかなるもの。
なんたって、オーバーエクササイズですから。
ドクターにはオーバーエイジ、オーバーウエイトとは言われてない。つれあいが言うてるだけ!

そうそう、バンコクで会った友人にお願いしたのは機能性タイツだけちゃいまっせ。
GPSのついた時計も持ってきてもろた!ありがたや、なんでも頼めるお友達!

Img_4653

わ、今見たら遅いやん、この頃。
1時間かけて、7㎞しか走ってへんやん。
でもね、このエプソン君がうちに来てから走るのがどんどん楽しくなってんで。
記録残すって、楽しいやん。
エプソン君が来るまでにも携帯のアプリで記録は取っててんけど、走ってたら見られへん。
その点、エプソン君はすぐに見られてむっちゃええやん。
ペースも走りながら把握できるやん。
あのね、走るって周りに宣言することはなかなかええよね~。

〇まず、コーチが見つかった!
メールでやりとりするコーチやけど、「スピードより距離。長時間走れるように。歩くだけでも走る筋肉は付く…。」等々、納得するお言葉を頂戴しております。

〇元陸上部が近くにいた!
日本からのお土産がテーピングのテープだったり(ラオスではアホほど高い!)、初めて10㎞近く走った時に「背中痛いねん…。」って訴えると「背筋を鍛えてください。」って教えてくれたり。
マラソン大会当日も麦茶持って来てくれてました。

〇本をくれる人がいた!
ラオスにいてさぁ、日本語の本なんて思うように手に入らない。
そしたらさぁ、ベテランランナーがよその国へお引越ししはることになり、「同じような本があるからあげる~!」って1冊くれはってん。
その名も「ウォーキングから始める50歳からのフルマラソン」
ランニングクラブ(若人、中年、初老の3人しかおらんけど)で回し読み。

そんなこんなで周りの人に助けられ、ひたすら走る55歳・初老。

マラソン大会当日は10.5㎞が5時半スタート。
中年の出る21kmが5時スタートなので、4時45分には家を出たい。
そうなのよ~、またしてもスタート地点はうちから歩いて3分ほどのところなのよ~。
若人は前日から我が家に泊まり込み…早く寝ようといいつつもしゃべる。
あかん。
マラソン大会にまったく関係のないつれあいの方が先に寝てたがな。
ま、彼は彼で、その日から車移動の出張やったから寝たかったんやろけどね。

で、中年の出発に間に合うようにスタート地点へ行き、応援して…
我々もスタートエリアへGo!
…やねんけどさぁ。
もうここがとてもラオスらしいところでして。
5時半スタートやってあれほど言うてたのに。
スタートが5時20分ごろ。
え、え、え、え、え、え…?

遅れるんはわかる!
早いって…どう?

それも、カウントダウンが10から始まるんじゃなく、6から始まっていきなり行く感じ。
もう大慌てしてもて、せっかくのエプソン君、2キロぐらい起動せ~へんかったやん。
押すとこ、まちごててん(笑)
走るたびに使ってる時計やのに、スタートボタンを間違えるなんて…ある?

あ、そうそう。
去年のビエンチャンインターナショナルハーフマラソンは5㎞に出て、その時にゼッケンがテキトーやったって書いたと思うんやけどね。
今回はちゃんとタイムを計ってくれるから割とまともなゼッケンやと思ってん。

Img_4711

裏にはちゃんと計測用のチップも付いている。

Img_4716

でもさ…
ここらあたりがやっぱり愛すべきラオス。
名前をズームアップしてみますと…

Img_4718

日の丸つけて走ってうれしいんやけどさ、名前、ちゃうねん。
私、さすき…ちゃうねん。
さつき…やねん。
Tがない
どうせならSASUKIじゃなく、 SASUKEまでいってほしかったわ。
そしたら早く走れそうやん?

ま、そんなこんなでGo!
去年の5㎞を走った時に、「来年10㎞出るわ。おらんけど。ははは~」と言ったのを聞いていたであろう、しゅっとしたママも一緒にスタート。
もちろん、若人も。
でもあっという間にばらけて、エプソン君の操作に右往左往の私は気が付けば一人旅さ。

長かったわぁ。
あと3㎞あたりでこんな写真も撮られていた模様。
Facebookのページにアップされてました。

Inkedimg_4723_li

後ろにぼやけて見えてるのは大統領府です。
望遠レンズで撮るんやねぇ。
次回はよく見て、微笑むわ。

で、無事完走~~~。

タイムは思っていたのより速かったわ。1時間20分ぐらいで走れたらええなぁ…って漠然と考えていたんやけどね。
なにしろランニング初心者やからいろんな知らんことがあるんやけどさ、タイムにはオフィシャルタイムとチップタイムっていうんがあるんやね。
オフィシャルが1:12'23"で、チップタイムが1:12'00"やってん。
これはなんだ…と、バンコクから来ていた雲の上のランナーに聞いたらチップタイムは私がスタートラインを超えてからゴールラインを踏むまで、実際に走ったタイムで、オフィシャルタイムは時計が動き出した時間。
要は先頭ランナーがスタートラインを飛び出した時からの計測。
ほほう…。
雲の上のランナーはなんでも知っている。
ということは、私はスタートラインを超えるまでに23秒かかったのか…。
あ、そして雲の上のランナーはいろいろとプレッシャーもかけてくる。
「1か月、100㎞走ろうよ。」
「次はハーフだね。」
え、え、え?

ま、そんなこんなで無事にゴールして、おまけももらいました。
50代女子で2位やってんて。
誤解のないように。9人しか登録してへんし、実際に走った人は8人しかいてへんから8人中の2位やで。
でも…おおきに。
本帰国を前に、いろんなものを断捨離せな…って思っていたところに、人生初のトロフィーをもろてもたがな。
Img_4715


足の故障で後半練習ができなかった若人もきっちり完走しました!
初レースで21㎞挑戦の中年も完走しました!
他にも、つれあいがお世話になっているバーのマスターをはじめ、いろんな人がゴールして…。
わぁ、知ってる人、結構走ってはったんや~!
アメリカ大使館はおそろいの赤いTシャツを着てて、かっこいいなぁ…
などなど、いろんなことを思う大会でした。


レースの後は若人・中年・初老の3人で完走したことを褒め称えあい(同じ話をぐるぐるぐるぐる、何度もする)、栄養補給もし、アルコールの入ってないドリンクで乾杯もし…
あぁ、楽しいマラソンだった!

目標にしていた大会を終え、燃え尽きるやろか…と思っていたら、意外や意外。
まだ走ってます。
今日も朝5㎞走ってきた。
週に3回、これからも無理せずコンスタントに走るぞ~!



あ~あ、手芸を紹介するブログがラオスの紹介ブログになり、単なるおばちゃんランナーのブログになろうとしているなぁ。
そしてタイトルとこじつけることすら邪魔くさくなり、そのまま放置や。
どこが「もうすぐ新年」やねん……

2016年12月12日 (月)

タートルアンは450歳<本祭>

あのね…
この記事、書くん、3回目やねん。

なんかしらんけど、保存する前に落ちてもてん、2回も!
頭の中に残ってるから、書けるとは思うけど…も~う、ほんまに!
頼むでぇ~!


昨日ね、ビエンチャン・クラシック・ランやってん。
マラソン大会。
出たで!
走ったで!
歩いてへんで!
5㎞、完走したで!

11月28日に走った時に足に違和感を覚え(かっこいいなぁ、このフレーズ!アスリートやんっ!)、そこから走ってへんかってん。
出るのは出る、でも最初から最後まで歩くかもしれへん…それでもかまへん…と覚悟して
出てん。
頼りになるのは友達やねぇ。
膝のテーピングの仕方が載ってるサイトを教えてもろて、おまけにテーピングのテープまで買いにつれて行ってもろて…
感謝!

そのテーピングのおかげで無事完走!
ランニングクラブのメンバーも完走!(部員3人やけど)
いやあ、楽しかったわ。
前回は歩いているので、記録は一気に7分縮めました。
うひょひょひょひょ~!
夜にはメコン川沿いで軽く打ち上げ。
次は3月かなぁ…。
何キロに出る?
10K、目指す?
ランニングクラブの士気は高いぞ!

※そうそう、前回のマラソンでまさかの前日発熱、棄権した男(つれあいという名の)は今回、登録すらしませんでした。

マラソンのスタートとゴールはうちの庭、タートルアン。
はぁ、やっとタイトルとつながって今回のお話に突入や。

前回のブログではお祭りのことにまったく触れず、犬にかまれた話だけを書いてもたので、今回は気合いを入れて書くわ、お祭りについて(もう3回目やねんけどさ、私がこの記事を書くのは…)。

タートルアン祭りはいつから始まるんか、ようわからんねん。
何が最初の行事なんかも知らんねん。
気がついたら移動遊園地ができ、お店が並び、なんかデコレーションがあって…って感じ。
私が知っている行事としては、本祭の前日のパレードから…かな。

ろうの花で飾ったお社(⁉)みたいなお供えを持ってお参りするのがこのパレード。
正装です、もちろん。

Img_1021_2

いろんな民族衣装で並ぶのは高校生かなぁ。
その後ろに、お供えのお社が並んでる。

Img_1049_2

お金でデコレーションしているのが、なかなかすごい。
お札の額面は1000キープ(13円)だったり、2000キープ(26円)だったり。

Img_1041

こちら、マーチングバンド。
男の子の列と女の子の列があるのよん。

このパレード。
何時に始まるのか、どこからスタートなのか、情報が錯綜してんねんなぁ、いっつも。
単に、私の情報収集能力がないだけ…なんかもしれへんけど。
だって、パレードの人はちゃんと集まってたわけやからね。
このまま、音楽に合わせてタートルアンへお供えに行きます。

でもね、パレードに間に合わなくてもかめへんねん。
そこはゆる~い、この国。
あとから村ごとに口三味線のマーチでお参りに来る人もいてはるし、個々に来る人もいてはるし。
とにかく、ろうで作ったお供え物を持ってお参りしはんねん。


そしてお祭り本番の日。
11月の満月の日。
そう、今年はスーパームーンでした!
朝の托鉢からスタート!

Img_1124_2

朝、5時起きして見に行ってみる。
もう、えらい人! むっちゃたくさんの人!

Img_1132_2

托鉢は7時過ぎからやで~!
もういっぱいやん。
つれあいの知り合いが塔の敷地内に入って托鉢をしたい…と、朝3時に行ったらもういっぱいやってんて。ぎりぎりで入れたらしいわ。
すごいなぁ、普段、むっちゃ寂しい観光地やのに。

日々の托鉢は(ビエンチャンでもやってます)お坊さんが鉢(なんていうの、あの入れ物?)を持って歩いてまわりはるんやけど、お祭りの時は信者が歩いて回るんよね。
お坊さんは鉢をテーブルの上に置いて待ってはるのよん。
Img_1139_2

こんな感じ。
お坊さんもタブレット愛用。

全国からお坊さんが終結するので、広い駐車場もお坊さんでいっぱいです。

1312_2

中にはこんな鉢カバー(植木鉢のカバーちゃうで)も。
かぎ針編みですか?
私はこんなんにすぐ、目が行ってしまう。

その点、つれあいはちゃいまんな。
いつもなんかおもしろい光景を見つけて喜んでる。
今回はこんな場面。

Img_1152_2


つ「テレビの取材かと思ったわ…。」
私「え、そうちゃうん?」
つ「スマホで???」



ほんまや、マイクは立派なんを持ってはんのに、撮影してはるんがスマホやん。
テレビの取材ではないんやろなぁ。
なんでマイク持ってはんねやろ?
それも、かなり立派なマイク。


肝心の托鉢風景は家でテレビで見ました。
2時間もよう待ってられん!
国営放送がちゃんと高僧のお言葉も含め、放映してくれます。


托鉢は見るだけで参加し~ひんけど、夜は参加しまっせ~!

ろうそくをささげて、タートルアンを3周するお参り、ビエンティアン!
ビエンチャンちゃうで、ビエンティアンやで。
今回はランニングクラブの部員とそのご家族、そしてご近所さんとでお参り。

タートルアンの前で花を買います。
花にはろうそくと線香をさしてもらいます。
それに火をつけて、タートルアンを3周。
なんのご利益があるのか…知らん。
得を積むことになるんちゃうやろか。

3周したらお花をお供えして終わり。

Img_1180_3

7時開門やねんけどね、時間がうまく合わない人のために6時前でもOK。
7時が近くなると一旦門を閉めて、7時から本格的に回れるねん。

我々は…ちょっと早めにお参り。
というのも…スーパームーンじゃございませんの!

Img_1167_2

お月見しながら宴会! じゃございませんの!


Img_1188_2

帰り道でつれあいにこの屋台で焼き鳥を買ってきてもらい、庭にテーブルを出してスーパームーンを愛でながらビアラオだっ!

うちのご近所さんはどちらさんも大宴会をしておられました。
ほんまパーティー好きやで、ラオスの人々!

2016年11月28日 (月)

タートルアンは450歳<前夜祭⁉>

この間、東京で雪が降ったんやて?
11月やのに?
寒いんやねぇ~。
東京のお友達が雪の中で凍えるサザンカの写真を送ってくれはってん。
最初にサザンカか? と思い、その次にいや、ツバキか? と疑い、え、ボタンってどんな花やった? って考えたほど、花の名前は苦手です。

ここビエンチャンも今朝はちょっと冷え込んだわ。
つれあいが出勤する時、車の温度計が22℃やったらしい。
夏には50℃を記録したうちの車の温度計。正しいんやわ。

そんな寒い朝も(大して寒くないけど)近所のタートルアンを走る私。
私の庭、タートルアン!
来月はビエンチャンクラシックマラソンがありまんねんで~。
またスタートとゴールがうちの近所やで~。
エントリーしてもたがな、5㎞に。

そして練習を始めたがな、先々週あたりから。

まずは5kmを歩かずに走るのが今回の目標。
前回の、ビエンチャンインターナショナルハーフマラソンでは走って歩いて、歩いて走って…の繰り返しやったからね。今回は走り通したい。
先週は「今日は5㎞止まらず走ったぞ!」と思ってGPSで走った距離を教えてくれる携帯のアプリを見たら240m足りひん…という、悲しい思いをしたので、今週は確実に1回は5㎞を走りたいわ。
今朝は3.99㎞でした。
あと10m、走らんかいっ!

その、私の庭、タートルアン。
11月の満月の日に、450年のお祭りがあってん。
建立されて今年で450年!
毎年、11月の満月がお祭りやねんけどさ、今年はスーパームーンやったやん?
そして450年やん?
そらもう、近所で騒音に悩まされるだけでは悔しいやおまへんの。
楽しまなあきまへんやん。

450周年にむけて色も塗り直しはってんで~。

111  



下地に赤を塗り、重い感じの金色になりました。

113

そしててっぺんに9キロだか10キロだかの本物の金の飾りも載せました。
いつから金色なんかは知らんけど、なかなか荘厳な感じのええ色になってんで~。

そのお祭りですけどね。
一番のメインは満月の日(11月14日)の朝の托鉢とその夜のろうそくを持って歩くお参り。でも1週間ぐらい前から移動遊園地が来て、いろんなお店が出て、飾り付けもあって、夜遅くまで音楽が鳴って…と、大騒ぎですわ。

私も8日あたりからちょっと気になってましてね…
そうや、見に行こうやないの…と、10日木曜日、忘れもしない3時過ぎにタートルアンへ歩いて下見に。
それがえらいことになりまして。

うちの敷地の隣に空き地があり、その隣のお宅に飼い犬が2頭いて、うち1頭の犬がむっちゃ怖がりでむっちゃ吠えるねん。
おそらく、番犬としては最高。
家族以外、誰にでも吠えたてるんやもん。
うちのアパートに来る人はみんな知ってるほど、うるさい犬。
むっちゃ怖がりやからこっちが威嚇すると吠えながら後ずさりする犬。
確か、「ケー」という名前。
で、そのケーが道に出ていると怖いので、うちの門のところで確認してからそこの家の前を通るんやけどね、その日は隣の家の門が50㎝ほど開いてたんやね。
でもそれがうちからは見えへんかってん。
ケーが外に出てたら間違いなく別の出口を使ったんやけど、出てしもてんなぁ、私は…。

で、ケーの家の前でケーと遭遇。
吠えたてるケーとメンチの切りあいやん。
吠えたてるケーをにらんで、イケた、負けへんで…と思ってケーを追い抜いて、ちょっと油断してもてケーから目を離したスキに体当たりされて。
なんと、犬に咬まれました。

ちらっと見たら青タンはできてるけど、血も出てへんし、まずはタートルアン…と、祭りに浮かれたおばちゃんは露店を見て、戻ってきて、お隣のMちゃんと玄関先で話をして、
「そういえば、さっき犬にやられて…」
と、足を見たら

あらら? Gパンが破れてる。
あらら? 血が出てる!

ちょうど飲料水売りのトラックも来てて、ガードの子も一緒になって
「なに、どないしたんや? 犬にかまれたぁ? そらあかん。何時にかまれたんや? はよ病院へ行き~。隣から注射代もらえ。注射や、注射や…」
と、大変なことに。

わたくし、狂犬病の予防接種は受けております。
でも不安やん?
で、信頼できる看護師さんに相談したら笑いながら(私が電話するととにかく笑う)
「え~っと、今の時間ならホンダクリニックへ行ってくださ~い!」
と。
で、タクシーでホンダクリニックへ行きまして。

意思疎通というのはなかなか難しいんです、はい、私の拙いラオス語とホンダクリニックのおねえさんのあまり上手とは言えない英語での会話。

私「犬にかまれたからドクターに診てもらいたいねんけど~。」
受付「今日はこのドクターだけどいい?」
私「どのドクターでもいいの。犬にかまれたから注射打つよね? 私、狂犬病の予防接種は打ってるの。はい、これ、接種済みワクチンのリスト。」
受付「今日打つの?」
私「そう…でしょ?」
受付「しばらくお待ちください。  …329,000キープです。」
私「え~っと。ドクターに診てもらえるんよね?」
受付「え、ドクター?」

受付のおねえちゃん。
犬にかまれたという事実をすっかりお忘れで、狂犬病のブースターを打ちに来たと勘違いしている模様。
しゃあないやん。
受付で傷口を見せる…

途端に慌てる受付のおねえちゃん。

エマージェンシールームに連れて行ってくれました。

そうやねん、そうこなくっちゃ。
私、緊急患者やねん、のんびりしてるけど。

なかなかいいドクターとナースがてきぱきと処置をしてくれます。
消毒してもろてんけどさ、もう、足の中をえぐってんのんちゃうか…って思うほど激痛。
何してくれてんの…って覗いてみたら(寝さされててん)、単に傷口に消毒液を垂らしてるだけやってん。
いやぁ、痛いもんやねぇ、消毒…。
それでこそ、消毒なんやろねぇ。

そしてドクター。

Dr.「お針子さん、狂犬病の予防接種してるね。咬んだ犬は野良犬?」
私「いいえ、隣の飼い犬です。」
Dr.「その犬は予防接種してる?」
私「わかりません。」
Dr.「そうか…。あなたの命に対して100%のギャランティーが欲しければ、注射を打ったほうがいいんだけど、どうする~?」
私「打つ、打つ、打つ!」

そんなもん、打つに決まってんがな~。
100%のギャランティー、欲しいがな~。
お針子、犬にかまれてラオスで死す…では悲しすぎる。

ってなわけで、注射はその日に1本、3日後に1本…と、合計2本打ち、消毒にはその日から4日間連続で通い…。
遠いねんけどなぁ、ホンダクリニック~。
その後、自分で消毒をし続け、今に至る。
痛みはクリニックで消毒された時が一番痛くて、その後はなんにもない。
でも犬にかまれると青タンもできるのね~。そこがまだ治ってません。
その部分だけ、肉が硬いわ。

犬にかまれた話は結構いろんなところでしてまして。
狭い日本人村ですからね、直接私から聞かずとも「犬にかまれたんだって~?」とおっしゃる方もいてはる。
で、先週、たくさんの知り合いと集まる会合があり、そこに大きな絆創膏を貼って行かなあかんかってん。
それも、スカート履いて。
つれあいに
「みんなにいろいろ聞かれるやろなぁ…。」
っていうたら
「犬の絵を描いといたらええやんflair
と言われ、それ、ええわ…と思って早速お絵かき。

31

お針子画伯、がんばって怒ってる犬を描いてんけどなぁ…。

こういう時に限ってだれもこの絆創膏の話題に触れてくれない。
「犬にかまれた」
って漢字で書いておいた方が良かったのか?

というわけで、タートルアン祭りの話は次回に。


2016年11月 3日 (木)

4年目に突入してもた

うわ~、びっくり。

前回のブログは5月やったん?
そのあと、同級生のいとこが二人一緒に来てくれて、むっちゃ楽しく旅行もして、「次の旅行は還暦旅行やで~。」って約束したことすら書いてない。
5年後になるのか、6年後になるのかわからんけど(私以外は早生まれなもんで)、還暦旅行はします。

ご無沙汰しております。
元気に暮らしております。
(お便りか…)

今日は文化の日で日本は旗日やね~。
日本の旗日とまったく関係なく暮らす我々はごくごく、普通の日。
そして我が家はつい先日、ラオスでの生活が4年目に入ってしもたがな~。

こんなに長く住むとは思ってもおりませんでした。
少なくとも、今年の3月あたりまで。
この調子で行くと、私の人生で一番長い海外…になりまんな。
前の、南国の時には父の介護で4年のうち半年帰国してたもん。

3年前の今日は何をしていたかというと、今の家に来る前の仮住まいであったアパートで初めて洗濯をしてまんな。そして近くの中国市場へ買い物に行ってる。怪しい麺屋さんで中国麺を食べてる。
晩ご飯にはその前日に買った巨大な豚肉をさばいた薄切り肉で生姜焼きを作ってる。

…ふふふ。
そんなこんながわかるのも、この10年日記のおかげざんす。

2_2

あかん、画像が横向いた。
ま、ええわ。

この10年日記。人生2冊目。この2冊目は今世紀からつけ始めてん。
書くところは1日6行。
そのうちの1行が起床時刻と就寝時刻、天気、着ていた服。
そして3行にその日のできごと。
そして残り2行にお昼ご飯と晩ご飯。
朝ご飯はほとんど定番化しているので特記する必要がおまへんのや。
これを見ると3年前のことも明確に思い出せまっせ~。
3年前に行った中華麺屋の、あの薄汚れた感まで思い出せる(笑)
10年日記からこの3年間のことを数字で見てみると…

2014年…5組 6人
2015年…2組 4人
2016年…7組 10人

の皆さんが日本から遠路はるばる我々を訪ねて来てくれはったわ~。
わぁ、のべ20人の皆さんにラオスを見てもろたやん。
ささやかな社会貢献…って思っておくわ。
必死で探す、私の存在意義。

完全に人の褌で相撲を取る…っていう状況やけど。


そしてもうひとつ、別の記録もございますのよ。
それがこちら。

1

あぁ、もう、なんやのん。
写真が上手に載せられへんがな。
ブログを長いことアップしてへん証拠や。


これがね、ログ・・・です。
3年間の、ラオス生活の克明な記録ですわ。
あ、私なりの…克明な記録やで。他人さんが見はったら、決して克明とは言わはれへんわ。
現在8冊目に入りました。
いろんなことが書いてあんねんで~。
ちょうどここへ来る前に、情報は1冊にまとめなさい…的な本を立ち読みして(今、私のあこがれの立ち読みや!)、そうや、ラオスの生活の記録をつけてみよう…と思い立ってしもて。
毎日、時間を入れて書いてまんねんで。
例えばこんな感じ。

<161103> 木 晴れ 
0550 起床    白・長袖Tシャツ
0630 Ⓑ 551の豚まん、紅茶
0700 出発準備
0750 ウォーキング カオピンを買う 20000キープ
                                  ………
ほんま箇条書き。
そして何か得た情報なども書き込む。
どこかに出かけて入場券をもろた時にはそれも貼る。
だれとご飯を食べたかももちろん書く。
なんでも書く。
ネットで見かけた料理の作り方なんかも書いてる。
次に帰国した時にチェックしたいものも書いてる。

あとから見返したいものには付箋を貼っておく。

3年書きましたよ~。
根気があるとは言い難い私やけど、なんとか続いてまんがな。
家計簿は2年足らずでもう満足してんけど(笑)。
帰国までに多分、もうあと1冊必要。
もちろん、すでに用意済み。
10年日記ほどは見返さへんとは思うけど、本棚の片隅に並べたい私の生活記録やね~。
のんびりした生活をしているからこそ、書けるんやと思うわ。
日本やったら忙しすぎて、書く時間すらなさそう。


。。。ということで、もう少しのんびりさせてもらいまっさ。

2016年5月31日 (火)

ロケットフェスティバル

あら~。
5月も終わりですか?

本来なら今頃引越し作業をしているはずやったのに、まだやってない。
きっと今年はやらない。

ラオスは雨季に入りました。
今年はほんまに暑かったわぁ。
うちの車は最高気温50度を記録。
メコン川沿いの炎天下に駐車してたからや…ともいえるけど、それにしても暑いやん。
薬草サウナなんて行く必要ないやん。

それが一転。
日曜日あたりから雨が大量に降り始め、気温もグッと下がりましたがな。
27度は肌寒い。

雨はみんなが待ってんねん。
ラオスの人はみんな、待ってね~ん!

そこで、ロケットフェスティバル!
ラオ語でのお祭りはブンというんやけど、ブンといえば宗教行事でもあるらしい。
ロケットフェスティバルも宗教行事なんやでぇ!
最近、町中ではロケットフェスティバルを開くのが難しくなってんねんて。
家が建てこんでるかららしい。
そんなに危ないん?
ほな、行ってみよか~ってことで、5月半ばにつれあいとビエンチャン郊外へ車を走らせたのでした~。

っていうてもさ、ナビ、ないねん。
わかってるんは町の名前だけ。
そしてむっちゃ大雑把な地図が1枚。それも、老眼やから拡大したもの。
それだけを頼りに走っていくと…なんと、ロケットを積んだトラックに遭遇。
ラッキー!
ついて行こう!

着いたらそこは野原…いや畑? そこに発射台が組み立てられてますやん。

Img_0660_3

この、簡単な櫓みたいなんが発射台。
でもまだここでは発射されへんねん。

近くのお寺にはいろんな屋台も出てるみたいやから発射までの間ちょっと見学~!

…と歩いて我が目を疑ったものはこちら。
Img_0662

ルーレットらしきものに興じるこどもたち。
ねずみやトラの絵のところに賭けてます!
はい、賭けてます!
それも、現金!

Img_0666

はずれた掛け金をさっさと回収するおっちゃん。


さ、気を取り直して…
ロケット発射台。
…のすぐそばに、子ども用ロケット発射台もございます。
屋台で買ったロケットを打ち上げる子どもたち。
お坊さんも子どもです。

Img_0671_3
写真右手のしゅんっとしたのが発射台。
やしの木の葉っぱなどを利用。
こんなんでもロケットは飛ぶのよねぇ。
ロケット、ロケット…って書いてますけどね、実際にはロケット花火やんね。
特に、子どもが上げるんはロケット花火。

そんな子どもたちの打ち上げ風景を楽しんでますと…
どこからか軽快な音楽が!
来た、来た!
トラックに乗った生バンド!

Img_0677_2

トラックのうしろにはロケットをかついだおにいちゃんたちと仮装したおっちゃんとおばちゃんが踊りながらついてくる~!

そうや、これを書き忘れてた。
ロケットフェスティバルって、雨乞いのお祭りやねん。
れっきとした宗教行事。お寺さんが絡んではんで~。
ロケットを打ち上げて、天をびっくりさせて雨を降らそうという作戦。
おっちゃんとかが仮装するんも天をびっくりさせる作戦か?
Img_0686_3

水色の服の人は…絶対男性やと思う。
でもポニーテールは地毛かもしれない。
ほな、女性か?
いや、この日のためにロン毛にしはったんやろか…。
この男性かもしれない女性、むっちゃていねいに私たちにもご挨拶してくれはりました。

トランプおばちゃんのお化粧もなかなか見ごたえがありますやん。


そして…
いよいよ大きなロケットを打ち上げる!
…ために、発射台を加工。
えぇ…?
今からかいな…。
これから組み立てるんかいな…。

Img_0699

かなり大きいやん。

でも…もう暑い! 炎天下で待つのは辛うござんすよ。

そしたらね、中くらいの大きさのロケットを設置し始めまして。

Img_0704


見える?
ロケット発射台とロケットの隙間。
はずれんように、草が突っ込まれてんねん。
ほのぼのやん。

設置が終わった…と思ったら、いきなり轟音が!
ほんまに轟渡る大きい音やで!

そしてロケットは青空に突き刺さったわ。

Img_0705_2


いや~ぁ、牧歌的なお祭りやと思ってたらなかなかのもの!
これまでにボートレース、タートルアン、モン族の新年…と、お祭りをいろいろと体験してきたけど、こんなに素朴でそのくせ豪快なお祭りは初めてやったわ。

ロケットフェスティバル!
大好きや!
 

2016年3月 7日 (月)

ビエンチャン初マラソン・人生初マラソン

暑くなってきた。

3月やなぁ…。
土曜日あたりから急に暑くなり始めた気ぃする。
予定通り、4月は1年で一番暑い時期で、予定通り、今年もラオスの新年がやってきまんな。

でも、まだ朝夕はマシ。
20度台に気温は下がりますのよ。
これがあ~た、4月にもなるとず~っと30度台で、最高気温は40℃を超え…
ほんまに暑いで。

暑くなる前にやっとこか…ってな感じで、昨日の日曜日、第1回ビエンチャン国際ハーフマラソンが開かれてん。
もうずいぶん前から新聞に紹介されていたマラソン。
21キロ、10.5キロ、5キロの3つのコースが設定されてて登録料も必要。
21キロなんてむっちゃ遠いねんで。
ビエンチャンをご存じの方のために書きますと、タートルアンから出発して、空港の手前のアセアン通りとぶつかる信号でUターン。その後、セタティラートを走ってワットインペンで曲がり、メコン川沿いをひたすら走る。
道のなくなるところで(笑)Uターンしてそこから文化会館の横を通って、またランサーンに戻ってタートルアンまで。
遠くない?
信じられへん距離やわ、21キロって。
ビエンチャン半周ぐらいありそうやん。

その点、5キロは楽チンそう。
タートルアンからまっすぐランサーンを走って、タラートサオの辺でUターン。
以上。
直線コースやからむっちゃわかりやすい。
そりゃもう、第1回目やし、ファンランやし、5キロに出るしかおまへんがな。
中学生の頃のマラソン大会以来、長距離を走るなんてことなかってんけど、登録した。
まったく気乗りがしないつれあいも無理やり登録させた。

練習は2週間前に3回、10分ほど走っただけ。
膝は大丈夫か、お針子…
5キロの制限時間は90分って書いてあるし、歩いても十分いけるし、かる~い気持ちで「参加することに意義あり!」のマラソンやってん。

前々日と前日にタートルアンの広場にマラソンブーズが設けられて、ランナーズパックをもらいに行かなあかんねん。
タートルアンは我が家の目の前。
それもこのマラソンに参加しようと思ったきっかけやね。
5時半集合で5時に起きても十分間に合うやん?
で、前々日にもらいに行ったら…
「TシャツのMがなくなってん。今ならLしかないけど、Mがいいんやったら明日また来て!」

もうしょっぱなからラオスやね。
もうないんかいっ!
ちなみに、Mはつれあいが必要で私はLでええんやで。

で、翌日。
再びもらいにいったら
「ゼッケンがなくなったから、ゼッケンは明日のレース前にもらってね。」

ええんかいっ、当日で…。

前々日あたりに参加者にリマインダーメールが来たんやけど、メールアドレスは全部公開されてるし。
大丈夫かいな…という気持ちがいよいよ強まるね。
愛すべきラオスののんびり度が見て取れるやん。

さて前日の夜。
夕方になって突然、薬を飲み始めるつれあい。
聞けば、熱がある…と。

えぇぇぇ  w(゚o゚)w


マラソン大会の前日に発熱ぅ~~~~~?

小学生か…って感じですが、やむなく彼は欠場。
やむなく…なのか、喜んで欠場なのかは確認せず。

当日の朝、私は5時にこっそり起きて、張り切ってスタート地点へ。

まずはゼッケンをもらう。
登録の時に書いた申込用紙はランナーズパックをもらった時に渡してしもてるんで、何と引き換えにゼッケンをもらうんやろ…と思ってたら、何も要らんかった。
「ゼッケンもらってないの? はいっ!」
って感じで、あっさり手渡しですわ。
何番がだれ…って、まったく関係ないんや。
安全ピンでシャツにつける。

スタート地点でMCのノリのよいアナウンスを聞きながら待っていると知った顔がそこここに。
皆さん走る気マンマンやん。

Sight_2016_03_06_055323_224

6時はまだ暗いぜ!

カウントダウンが始まり、いよいよスタート!
自ら望んで参加する、人生初のマラソン大会ですわ。

当初から歩くつもりやったのに、周りがみんな走ってるからつい、走ってもたやん!
えぇぇぇぇ…
予定外やん。
膝が痛くなるやん。

でもね、そこはお楽しみマラソンですからね。
給水ポイントでは必ずお水を飲む。

Sight_2016_03_06_061545_147

そして観光名所ではきっちり写真を撮るために佇む。

Sight_2016_03_06_061246_306

明け方の凱旋門を横に見ながら走るって…。
いつも、たくさんの車が通っている車道を堂々と走るなんて…。
ちょっとした感動ものですやんかぁ。

Uターンポイントの手前ですでに折り返して来た友達発見。
手を振る余裕もなく、遅いスピードやけど走る私。
あ~ら、結構いけるやないの、私。

Uターンしてからはラオスらしい風景にも遭遇。

Sight_2016_03_06_063024_567

わかります?
道の向こう側。
お坊さんが今日も托鉢で歩いてはりますわ。
古都ルアンパバンでは何度も見たけど、ビエンチャンで見るのはこれが2回目。
そうか、この時間にここに来たら托鉢を見られるのか…と、今頃観光ポイントを確認してしもたわ。

ゴールの前に、坂があるんやけどね。
ここはいつも通っている道やから坂がどれぐらいあるのか完全に把握してまんがな。
自転車で漕いでも結構きついねん。
もちろん、ここは歩く。
無理はしない。
…なのに、なのに。
坂の直前でアクシデント発生!
でもめげへんでぇ! ゴールするでぇ!

坂を上りきってから再び加速して、無事ゴールイン!
すでにゴールしていたお友達が
「いやぁ、速かったじゃないですか~。」
って言うてくれはったけど、全然速くない。
30代の皆さんには50代のおばちゃんが走っただけでも「速い!」と感じるんやろか。
でも完走したから嬉しかったわ。

で、その後はフードサプライのコーナーでスイカだのバナナだのを頂戴しまして、普段は買わないクッキーも食べ…
くじを引いたらバッグを当て…。
Sight_2016_03_06_070444_051

なかなか楽しい大会でした。


お、そうそう。
アクシデントね。
なんと、靴底がはがれる…というアクシデント。
ランニング用の靴やってんけどね、なんせ走らんもんで、あんまり使ってなかってん。
で、走ってたらやたら左足が気になる。
なんかコロコロと音がする感じ。
で、止まって左足を見たら…底がペろ~んと。
かかとはくっついてんねんけど、そんなんもう無理やん?
思い切りよく、べろっとはがしてポケットに靴底を入れ、何事もなかったかのように走りました。

かっこいい~、私!
1

この靴はまた修理のおっちゃんにお願いして、くっつけてもらうわ!
さ、次は10キロに出ようかな(笑)

2016年2月18日 (木)

ブログが書けない悩み

むっちゃ久しぶりの登場です。
元気にはしております、おかげさまで~。
忙しくもしております、おかげさまで~。

相変わらずの生活でして、いつまでも上達しないラオ語を勉強し、日々のご飯を作り、夜な夜な布と戯れ…
最近のビエンチャンは寒いので、泳ぎもせず、歩きもせず。

その割には3月6日のインターナショナル・ハーフ・マラソンに申し込んでみたり。
大丈夫やで、ハーフマラソンなんて走らへんで。
そんな無謀なことはせ~へんで。
5kmのファミリーランみたいなやつやで。
いきなり、走れるかいな、もう何十年も走ってへんのに。
信号ですら、走ってへんのに。

ブログ、書かなあかんなぁ…とは思ってるんやけど、もうビエンチャンの生活に慣れ過ぎたのか、面白い写真が撮れてまへんのや。
やっとこの間、義母が来て旅行に行き、写真を撮ったのでブログを書こう…と思ったら、もう前に行ってて書いてたわ。
そんなん、おもんないやん。


ま、そういうわけで、写真がないとどうもブログが書かれへん私です。


とはいうものの、おもしろいことは写真を撮らんでも起きてる。
先月、むっちゃ寒い時期があってね~。
もうびっくりの寒さ。
エアコンはあっても、暖房のスイッチがないので、暖房器具なしで生きていく10度台は辛いです。

そんなに寒くなる、ちょっと前のこと…。
目の前の公園を散歩しておりました。
その公園の縁石におっちゃんが座っててん。朝8時過ぎ。
なんかおっちゃんの見た目に普通ではないものを感じながらおっちゃんの方へ。別に、おっちゃんに興味があったんではなく、単にそこが私の散歩ルートやから…やねんけどね。
どんどん近づいてみると、おっちゃんお食事中。
何が変なんか…と思ったら、寒いのでおっちゃんはフードをかぶっておりました。
おっちゃんの着ている服についてるフードちゃうで。
ほんまにフードだけ。
それも、スキーウエアみたいなフードだけ。
おまけに、あごの下でボタンもしめてる。
つい、日本語でつぶやいてもたんよね。

「おっちゃん、あかずきんちゃんか。」

小さい声やで。
日本語やで。
イントネーションはパーフェクトな関西やで。

そしたらおっちゃんと目が合いましてね。
誘われました。
「ご飯、食べへんか?」

あかずきんのおっちゃんにナンパされたわ。
もち米の入ったかごをすっと出されたわ。

「朝ご飯、もう食べてん。ありがとう。」

やんわりお断り。
あかん、独り言もつぶやいたらあかんわ。おもしろいことになってしまう。



かと思うと…うちの家のメイドちゃん。
寒いんやけど、日差しはきつい日々があり、その中でも日差しの特にきつい庭での仕事があるんよね。
この庭での仕事は毎日してくれます。
晴れでも、雨でも、暑うても、寒うても…
その日は寒かったんよね。
寒いしなぁ…
でも、日差しきついしなぁ…

いろいろ考えたんやろね。

メイドちゃん、ヘルメットかぶって庭仕事をしてたわ。
それも、バイクの、フルフェイスの、真っ黒のヘルメット。
彼女、体が小さいので、ヘルメットがやたら目立つ。

人生ゲームで車に乗せる、ピンみたいな感じになってました。


ラオスの人になんかかぶらせたら面白いんやなぁ…と思った冬。

でももうすぐ暑い夏が来ます。
あぁ、3月になったら…
30度台後半やで!
4月になったら40度やで!

怖い、怖い……

暑い、暑い……

2015年11月16日 (月)

ココナッツ採りという職業

職業は…専業主婦です。
それも、なかなかブログを更新しない、専業主婦です。
時々ブログを読んでくださっている数少ない読者のみなさんをイラつかせる専業主婦です。

いやいや、ほんまに申し訳ないと思ってんねんで。

さ、気を取り直して(早っ!)

今日はココナッツ採りについて書いてみようと思ってんねん。
うちの家の敷地。
ココナッツの木がありまっせ。
そびえてまっせ。
なんごく~♪な感じ。


でもね、ラオス料理にココナッツはあんまり登場しぃひんねん。
タイやったらカレーにガンガン入ってたりするけど、どうもラオスの人はおかずの中にココナッツが入ってるん、苦手みたいやわ。

実際、つれあいの職場でも「今日はタイ料理やで~」と言うと、外に食べに行く人もいてはるらしい。
ココナッツがいやなんかどうかは知らんけどさぁ。
ラオス料理の代表選手みたいな、タムマークフン(青パパイヤのサラダ)にも、ラープ(肉のサラダ)にもココナッツは入ってへん。

お菓子には使ってる。
そしてそのまま、ココナッツジュースも飲む。
でも、フレッシュココナッツを頼んだらストローを刺すところは小さいし、中のでろでろを食べる用のスプーンもついてけ~へん。
食べへんのんや、でろでろ…


それでもココナッツは生る!
うちの敷地内でも生る!
そして落ちて来たらむっちゃ危険。
頭に落ちてきた時のことを想像したら…怖いやん。
インドネシア語でココナッツはクラパ、頭はクパラ。クパラにクラバが落ちたら…
こわっ!


そんなわけで、ラオスにはココナッツ採りを生業とする方がいてはる。
先日、大家さんがうちの敷地内のココナッツを採るべく、トラックに乗ったおっちゃんふたりを連れてきはりました~。

まずは庭のココナッツをチェック。
こちら、実は生ってるんやけど、まだ採るには若すぎるらしい。
で、門の外のココナッツをチェック。
ここは大家さんの敷地なんやろか…。その辺、ちょっとわからん。

ま、ココナッツが落ちて迷惑するんはうちの敷地内の住民と従業員だけやから、採ってもらわんと困ります。


まずはおっちゃんが木に登るところ。

20150814_271

足元、見てみて~!
クワガタの角みたいなんを履いてんねん。
これがココナッツの木の幹にぐさっ、ぐさっと刺さるんやね。
で、登って行きはんねん。

登る前に、「写真撮ってもええ?」って聞いたら、「ええよ~」って言うてくれはってん。
そこでサービスショット。

20150814_273

おっちゃん、完全にカメラ目線やん。
ちゃんと止まってくれてんで。


そしておっちゃんの着てはるポロシャツにも注目。

20150814_274


Best Employee Novotel Vientiane
って書いてある。
おっちゃん、ノボテルの従業員ではないと思う。
そして今や、ビエンチャンにノボテル自体がおまへんがな。
長持ちするシャツやなぁ。



ま、そんなことを気にしてたらおっちゃんはほんまにするする登ってしまわはってん。

地上にはもう一人のおっちゃんが。
サポート係やね。

このサポートのおっちゃんがココナッツ採りのおっちゃんの体から垂れてたロープに結び付けてするするっと上へ行ったツールはこちら。

20150814_275

なた?

なたって、こんな形やったっけか?
かなり大きいねんで。

で、これを使ってココナッツ採りのおっちゃんはまず、古くなった葉っぱを払うんやね。
これがまた大きいのよ~!
落ちて来たらドサッって音がするぐらい。

こわいで。

実際に、葉っぱが落ちて来て下で昼寝してた人が飛び起きたシーンも目撃したことあるわ。
周りのみなさんはみんな笑ってたけど、むっちゃこわいで。

で、ココナッツ採りのおっちゃんは葉っぱを払い、いよいよココナッツ。
3つとか5つとか、複数個で採るんやね。
房で採る…というのか?
束で採る…というのか?
とにかく、がさっと採って、先ほどのロープに結び付けてするすると下ろしてきはんねん。
ロープ操作は下の、サポートのおっちゃんの仕事かなぁ。

20150814_282

ココナッツが下りてくるスピード、めっちゃ速い。
何度も撮影に失敗。


20150814_283

ロープから外されたココナッツはトラックに積み込まれていきます。


20150814_291

なんやかんやで30分ほど。
大家さんと一緒に上を見続けて、首が疲れたわ~。
登ってるおっちゃんはもっと疲れるやろけどさ。

高所恐怖症の私にはこのシーンが一番怖い!

20150814_286

クワガタの角と腰のロープだけで体を支えて、おっちゃん両手放しでココナッツをロープで結ぶんやで。
いややわ、こんなこわいん…
尊敬するわ。

で、一通り採り終えて、おっちゃんはするすると下りてきました。
下りる時に頼んで、止まってもらった。
足元のクワガタを撮りたかってん。

20150814_290




ココナッツを採ってもらうのにきっと賃金を払わなあかんのやと思う。
で、採れたココナッツはこのおっちゃんらが持って帰るんやけど、その代金はおっちゃんがココナッツの持ち主に払ってるんかどうか、不明。
大家さんに聞こう、聞こうと思ってて、いつも忘れるねん。

レストランでフレッシュココナッツを頼むと200円ぐらいで飲めます。


土曜日の早朝に喜んで見学していた店子に大家さんが採れたてのココナッツをくれはってん。
おっちゃんがその場でスパン、スパンと飲めるように切ってくれてんけどさ、太陽の光を浴びてぬく~いココナッツは飲まれへん…。
冷蔵庫でキンキンに冷やして飲みました。
微炭酸!

20150814_293

プロの仕事やなぁ。
やっぱりBest Employeeや。

おっちゃん、おおきに。

2015年10月 5日 (月)

ニッポン! チャ・チャ・チャ!

ほったらかしブログになってもた。

ようほったらかしブログにはコマーシャルが書かれてるよね。
んで、「このブログは1か月以上更新されていません」って書かれてる。

このブログやん。

前回書いたのが8月半ばやからすでに2か月近くにもなってたわ。
すみません(仮想の読者に謝る)。

その間、何をしてたかというと、日本に帰ったり、日本からお客さんが来てくれたり、また、自分がラオスを脱出したり…と、気が付いたら9月は終わってたというのが事実。

ほんま、怒涛の9月でした。

そしてその間にここラオスで日本を味わうこともございましたのよん。
まずは栗コーダーカルテット。
我が家がラオスに引っ越した直後にここ、ビエンチャンでコンサートがあってんけどね、あれから2年近い月日が流れ…再び、栗コーダーのコンサートがやってまいりましたがな。
もともと栗コーダーのコンサートには東京でも行ってたからねぇ、そら、喜んで行くがな。

1_1

今回は栗コーダー&フレンズコンサートとなってましてね、ビューティフルハミングバードというお2人と、元「たま」の人が来はってん。
元「たま」の人…って。
名前、覚えたらんかぃ! ええっと、知久さんとかって言うてはったなぁ。
「月が見てる、月が見てる、月が見てる…」
って、ず~っと歌ってはったわ。

で、コンサート会場はこちら。
2_3

日本が建てました。
武道センター。

例によって帰りに飲もう…という話でつれあいとトゥクトゥクで行ってんけど、運転手のおっちゃんに「武道センターへ行って!」と言っても通じぃひん。
結局、場所を説明して、おっちゃんにやっとわかってもろてん。
で、おっちゃんに
「ここ、ラオ語でなんて言うん?」
って聞いたら
「ホー・テコンド(テコンドーホール)!」

ちゃうがなっ!
テコンドーは隣のお国のスポーツやがな!
「ホー・カラテ(空手ホール)!」って教えといた。
テコンドーより短いから覚えやすいはずや。
覚えてや、頼むでぇ!
今度おっちゃんのトゥクトゥクに乗ったら、テストするでぇ!

で、この日のコンサートはいろんなことがございまして(ま、いろいろあるのよ、世の中は…)、翌日も行くことに。

翌日のコンサートはホテルのラウンジ。

3_1

目の前でコンサートです。
なんと嬉しい…。
そして無料って。

栗コーダーのみなさん(カルテットやけど、今回は3人やったわ)、ビューティフルハミングバードのお2人、そして元「たま」の人。
おおきに。

ニッポン! チャ・チャ・チャ!



そしてもっとニッポン!チャ・チャ・チャ!なのが先週金曜日から始まったサッカーの試合。
U-19のワールドカップ予選がここ、ビエンチャンで開かれてまして、なんと日本代表が来ております。

U-18ね。来年のU-19やからね、今は18歳以下。
そりゃ応援せなあかんやろ~!

先週火曜日にこちらの日本人補習校で子どもたちとの交流があったらしい。
それに参加したママたちから聞く評判の、まぁ、ええこと。
「あんな息子が欲しい」
という声を聞きましたがな。


そりゃ一流選手やで~!
なんたって、日本代表やでぇ!
サムライブルーのユニフォームを着てるんやでぇ!

この予選。ラオス、フィリピン、オーストラリアと日本が同じ組になってて、日本の初戦はラオス戦でした。
お友達の車に乗せてもらって金曜日にGo!
入場料は1万キープ(150円)。


入場者数は…目算で1000人ってとこかな?
もちろん、ラオスの方が多い。
でも応援はがんばるよ~!
日本からわざわざ太鼓を持って応援に来られてた方の音頭に乗り、
「ニッポン! チャ・チャ・チャ」

その「チャ・チャ・チャ」部分にラオスサポーターは「ラーオ」と重ねてくるのは笑えましたが。

2-0で勝ちました。
ごめんやで、ラオスの皆さん。
やっぱり日本の方が強いのよん。


そして昨日は第2戦。
「また行ったんかぃ!」って言われそうやけど、行ったで、もちろん。

2_1_2

つれあいも初のサッカー観戦。
フィリピン戦は6-0で勝利。
ええ感じで連勝です。
観客数は…日本側でざっと100人?
1/3ぐらい、知り合い(笑)
みんな、口々に
「あ、こんにちは。」
って、あいさつしてる。

5

携帯での撮影やからボケボケやけど、目の前でクールダウンするイレブンに喜ぶおばちゃん。
注目は9番の小川航基くんやね。
大型フォワードやでぇ。ええとこに入ってきやんねん、スルスル~っと。
小川君がA代表で活躍する時には自慢げに言いたいわ。
「やっぱりね。ラオスで見た時に彼は活躍すると思ってん…」
って。

楽しみやわぁ。

そして明日はオーストラリア戦!
補習校がある日やねんけど、休んで応援に行く~という親子も多いんじゃないかと。
私もちゃっかり、連れて行ってもらいます。



ニッポン! チャ・チャ・チャ!

2015年8月14日 (金)

おばちゃん対おばちゃん

ご無沙汰しました。
多分、このブログを始めてから一番のご無沙汰やったんちゃうかと思われます。

ブログを書き始めて10年を超えたと思うけど、こんなに長く書かへんかったなんて…
反省してます。

理由をいろいろと挙げるのは言い訳がましいからやめとくわ。
・・・ほんまは単に怠慢やっただけやでぇ~
元気に日々、遊んでたんやでぇ~

今年のビエンチャンは異常気象やと思うわ。
暑いねん。
例年、4月5月が一番暑くて、連日37℃とか39℃とか、もう人やったら完全に発熱で学校もお休みせなあかんような気温が続くねん。ま、2~3か月ほど。
それが今年は7月に入っても暑くて、暑くて…。
ほんま、暑かったわ。
やっと7月終盤に雨が降り始めて、雨季へと移行。
それでも今日も暑い。

暑くても主たる移動手段は自転車の私。
今日も朝からピューっと目的地まで行き、午前中に用事を3つ済ませて帰宅。
今日の用事はおもしろかったわ。

まずは旅行社で大金のお支払。
飛行機のチケットを買いましてん。
いつもはさ、飛行機のチケットなんてネットで買うんやけど、なぜか私のクレジットカードがはじかれるという悲しい事実。
そら、無職のおばちゃんやけど、カードが落ちる口座は働いてるつれあいの口座やで!
一番おいしいパターンのカードやねんで!
なんであかんのんっ!

どないもこないも、受け付けてもらわれへんかったのであきらめて旅行社にチケットの手配を依頼。
予約発券までの時間が短く、今日の午前中に払わなあかんかって、めったに持たない大金を持ってチャリで走りましたわ。

最近、自転車でひったくりに遭う外国人が多いねん。
バッグを斜め掛けにしててひったくられるというのは前々から聞いててんけど、リュックもあかんようになってきたらしいわ。
もう、何も持ってないのが一番!
取られても悔いの残らない、少額のお金と取られてもまったく困らない、古い携帯と、取られたら心残りやけど持ってないと不安な雨用ポンチョだけをリュックに入れて激走やで。
いや、のんびり走ってんで。

20150814_007
最近のお気に入りリュックはこちら。
確か、カトゥ族の織物。
何がお気に入りかって、真ん中の白いところ。
ビーズが織りこんでありますねん。

20150814_008

トーホーさんのビーズのように粒がそろっている素敵なビーズちゃうんやけど、ビーズが織りこまれてるんがかわいい。
お友達がこの手の布でバッグを作ってはったけど、ミシンで縫うんに苦労しはったんやて~。
苦労をしたない私は購入(笑)
でも、紐があまりにもみすぼらしかったので、日本でこれに合うような紐を買ってきて付け替えましてん。
暑い時期、デイパックの分厚い肩紐は汗かくんよね~。
細くて強い日本の紐、最高!
無事、大金を持ってても襲われることもなく目的の旅行社でお支払いを済ませ、帰りに久しぶりにタラート・サオへ。


タラート・サオ!


その昔はビエンチャンで一番、いや、ラオスで一番大きな市場だったようで、なんでも揃うタラート(市場)・サオ(朝)やってんけどね、今や大きなモールもでき(ただし、お店はあまり入ってない)、電気屋さんなんかは他に路面店もできたりしてるので、昔ほどは流行ってない模様。

でも、今も地方の人は家電なんかをタラート・サオで買い、お客さんには「あ、これ? ビエンチャンのタラート・サオで買ったんよ~!」って自慢するらしいわ(ラオ語の先生談)。
ラオスの銀座…ですかね。

そのタラート・サオ。
行くと必ず寄るお店が3つおまんねんわ。

まずはTシャツ屋。


去年、一時帰国の時に大量購入して、大型値下げ交渉を成功させて以来、ここのおばちゃんは私を覚えてます。
今日もちらっと見に行きました。
新しい柄があるかどうかを確認。
でも最近はここで買わへんねんなぁ。
私のお気に入りTシャツショップは郵便局やねん。
郵便局のお土産物コーナー、Tシャツが安い! お土産も安い!
でも、種類が少ない・・・
今日もTシャツ屋のおばちゃんと
「長く見なかったねぇ。こんな柄、どう?」
「う~ん、ええわ…」
ってな会話をしてさいなら~。
今日はおばちゃんの顔を見ただけ。
相変わらず、ご飯食べてたわ(よう食べてはんねん)。
次の店。

アンティークの布屋さん。
奥の方にあったのがちょっと移動して、こじんまりになってんけど、アンティークだけをまとめてくれたので見やすい。
ここではいつもなんかないかな~と物色するんが楽しみ。

で、本日の戦利品。
20150814_004

ヤオ(ミエン)族の刺しゅうを施した布。
ここのかわいいママに聞くと、どうやら頭に巻く布らしい。
3.5メートルぐらいありそう。

この刺しゅう。上の段が表で、下の段が裏なんです。
表裏一緒!

拡大してみましょう。
20150814_005

真ん中あたりのオレンジ色のラインを挟んで、表と裏。
クロスステッチ(X)というより、プラスステッチ(+)?
どこにも玉留めもないし、表裏が使えるとても素敵な刺しゅうやねん。
ルアンパバンへ旅行した時に新しいものを1枚買ったんやけど、それは多分、お土産用に作られたもの。
こちらはほんまに頭に巻いてはったんやろうと思われる布。
値切りまして、買いました(笑)

この刺しゅうの布を買ったのがもう1軒のおばちゃんとの攻防を生むのよねぇ。


さ、最後の1軒。

こちらは去年の4月ごろから行くようになったお店。
ま、普通のお土産屋さんやねんけど、値切り交渉をしてたらおばちゃんが
「あんた、私がこれ作るんに5日もかかるんやで!」
ってなことを言うて、『えっ、おばちゃん、自分でも作るん?』と思ってから信頼できる店になったところ。

まぁ、行くたびにいろいろと話をするんやけどさ、ここのおばちゃんとこで仕入をする日本人がかなり多いらしく、今日も刺繍のポーチを指さして
「これ、日本人好きやろ? この間、300個買った人いてたで!」
「これもその日本人が200個買ったで!」
と、次々に出てくる。
いや、私、そんないらんし…。店、持ってへんし。

ラオスのお土産物って、外側は美しくできてても、内袋ががばがばやったり、ファスナー付けが悲惨やったり、ファスナーそのものが悲しかったり…と、いろんな難点があるんやけどさ、このおばちゃんとこは優秀。
そしておばちゃんがいろいろと考える人で、刺繍の柄合わせもきちんとしてる。
内袋にポケットもつけたり…と、日本人に好まれる作り方やねん。
よう研究もしてはんねん。

で、今日もポーチを買おうと思い、値下げ交渉をして、ほな、その値段で10個ね…って選んで、ふと気づく!
あ…
さっき、アンティークを買ったんや。
お金……ない。


おばちゃんに正直に告白。

「ごめん、10個買われへんわ。お金ないわ。負けて!」
「お金がない~? そんなこと、あるかいな、あんた、日本人やろ…。ようさん持ってんがな!」
「いや、ほんまにないねん。ほら、見て。こんだけしかない。」
財布を見せる。
「ほんまや。ほな、こんだけしか買われへんな。」
「いや、負けてくれたら買える。負けて。」
「あかん。これ以上、負けられへん。こんだけにしとき。」
私が選んだポーチを引き上げるおばちゃん。

「あかん、それも買われへん。お金ないやん。そこまでお金使ったらお昼ご飯食べられへんやん。」
「今日はお昼食べんとき。水飲んどき。そしたら買える。」


結局、おばちゃんはそこからまったく負けてくれず(すでにかなり値切っててんけどね)、今日は私が負け~!
で、お昼ご飯を食べる分のお金を残して帰ろうとして…思い出してん。

そうや!
買わなあかんもんがあって来たのに、それを買い忘れた!

再度おばちゃんとこでもう一つお買い物。
あぁ、残っていたお札が出ていく~!
もう、オシャレなランチは食べられへん…

「今日はもう、水やな。ご飯食べんと、水飲んどき。え、まだ10000キープはあるん?
ほな、うどんは食べられるで。でも大盛りはあかんで、ハハハ~」

おばちゃんの声がこだましますわ。

本当は生春巻きを買って帰ろうと思っててん。
でも大盛りしかなくて、聞いたら25000キープもする。
私の財布には12000キープしかない。
他のもんを聞くと、10000で買えるものもあり、そちらをお昼ご飯として購入。

20150814_002
名前、聞いたけど忘れました。
「ほんのり甘いんやで、この唐辛子をかじって一緒に食べるんやで~、おいしいで~」
という、店のおばちゃんのことば通り、美味しかったわ。
だんごの下にミントも隠れてて、葉っぱもミントも全部食べた。
唐辛子は無理。

帰宅してお財布を確認。
中身はこんだけ。

20150814_009

2000キープ。日本円にして30円。
300㏄の水が1本。もしくは焼きバナナが2本。あるいは五平餅みたいなんが2個買える。
こんなさびしいお財布で帰ってきたなんて、小学生以来やで。


あぁ、それにしても…
おばちゃんとおばちゃんの戦いは笑えるわ。

そういえばお土産物屋さんのおばちゃんが
「電卓がおかしなってもたんや…。これ、日本の電卓やろ、あんた直して!」
って、言われた。

無理。

«バスに乗る・後編